ブラックでもお金を借りる

キャッシングの審査を通す方法や審査の甘い消費者金融を紹介します

*

サラ金業者は年収はどこまで見ているのか?

   

ブラックでも借りるられる?年収はどこまでよく見せることができるのか?

お金を借りる時には、信用情報の照会を必ず行います。

信用情報は名前や住所、生年月日なでの個人情報で信用情報機関に照会をかけます。また、契約の時に運転免許証等の本人確認書類を提出し、申告した個人情報で確認を取るため、信用情報そのものを誤魔化すことはほぼ不可能です。
大手消費者金融は信用情報に自己破産や長期延滞などの事故情報が記録されたブラックの人にはその時点で融資は行いません。

そのため、ブラックでも審査対象にしている中小の消費者金融に融資を申し込む必要があります。

1、申込

融資の申込書には、年収を記入する欄があります。

貸金業法によって1度に50万円を超える借入、もしくは他社の借入残高と合計して100万円を超える借入の場合は、収入確認資料が必要になると決まっています。これは逆に言えば、収入確認資料が必要になる借入に該当しなければ、年収を多く申請しても確認されることはないということです。

2、年収が審査に与えるウェイト

銀行融資などの場合は借入限度額は年収と同金額くらいまでと暗黙の了解できまっています。そのため、年収は借入金額に大きな影響を与えます。

消費者金融においても、年収は多ければ多いほど審査にはプラスになります。ブラック情報があり、審査が心配だという方はあまり怪しくない程度に年収を多めに書いてみてもばれない可能性もあります。

3、虚偽申請だと疑われないように

しかし、貸金業法の年収確認資料が必要になる借入金額に該当しなくても、審査の過程で収入確認資料の提出を求められる場合があります。
そのような時に備えて、「間違えて一昨年の年収を書いてしまった。一昨年はボーナスがたくさん出た」などの言い訳ができる程度の金額にしておかないと、審査担当者に「この人はうそつきだ」と思われてしまったら、まず審査には通りません。注意してください。

まとめ

申込はブラックの人でも審査対象にしてくれる中小の消費者金融で行う必要があります。アコムやアイフル、レイク、プロミスなどはかなり敷居が高い。
大手はブラックの時点で融資は不可能です。
年収がどの程度審査に影響を及ぼすのかは、各社の判断ですが、年収が多ければ多いほど審査にプラスとなることは間違いありません。
嘘つきだと思われてしまったら、審査には確実にマイナスになりますので、収入確認が必要になるかどうかだけ、申込前に確認してください。それでも後から収入確認資料の提出が求められる可能性がありますので自己の責任において申込を行ってください。
ブラックでも今返済可能と判断されれば中小の消費者金融はお金を貸してくれますので、基本的には正確に申し込むことをおススメします。

 - ブラックでも金を借りるコツ

  関連記事

no image
融資を受けたいのなら勤続年数は上手に書くべし

勤続年数は確認されるの? 審査の際に最も大きなウェイトを占めるのが信用情報。 信 …

no image
まずは多重債務を解消しよう

中小の消費者金融は信用情報に長期延滞、自己破産などの事故情報が記録されたブラック …