ブラックでもお金を借りる

キャッシングの審査を通す方法や審査の甘い消費者金融を紹介します

*

まずは多重債務を解消しよう

   

中小の消費者金融は信用情報に長期延滞、自己破産などの事故情報が記録されたブラックの人を審査対象としています。

そのため、中小の消費者金融に融資を申し込む際にはブラックかどうかなど、過去のことはあまり気にすることはありません。大切なのは、今どうなのかです。

1、多重債務者は審査にはマイナス

ブラックであろうとなかろうと今現在4本以上の借金を抱えている人は多重債務者と見做され、審査に通過するのは著しく難しくなります。多重債務者はそもそも最初に借入をした時に計画性がないから本数が多くなったと見做されるためです。この多重債務の状態を解消するのがおまとめローンです。

おまとめローンは銀行や消費者金融でも行っていますが、本テーマであるブラックの人は銀行や大手消費者金融ではそもそも借りることができないのが最大の難点です。

しかし、ブラックでもおまとめローンに応じてくれる消費者金融があります。

中小の消費者金融の代表格である株式会社アロー
来店不要!WEB申込で24時間受付中!
フクホーです。この2社は貸金業法の借り換えに基づくおまとめローンというものを行っています。
ブラックであっても他社のローンをすべてまとめることができる可能性があります。

2、おまとめは総量規制の対象外

貸金業法で借入可能額は年収の3分の1以内と定めています。

アローやフクホーが行っている貸金業法に基づく借り換えローンというものは、消費者にプラスになるため、総量規制の対象外になります。つまり、借り換えローンでおまとめを行うことができれば、今まで年収の3分の1の枠を使っていた部分が空くことになります。

年収300万円の人が100万円使っていた場合、これ以上1円も借りることはできませんが、貸金業法に基づく借り換えローンでおまとめを行えば、100万円の枠が空くことになります。

ラックで多重債務の人はまずは中小の消費者金融でおまとめを行い、空いた枠を同じ会社か他の会社で借入を行うという方法があります。

まとめ
ブラックでも審査対象にしている中小の消費者金融でもおまとめも審査してくれます。
うまくおまとめができれば毎月の返済額も軽減され、多重債務状態も解消され、総量規制の枠も開けることができる、一石三鳥な方法です。
そこまでいけば、ブラックであっても新規の貸し出しに応じてもらえる可能性が高くなりますので、ブラックで多重債務の人はまずは中小でおまとめを相談してみてはいかがでしょう?

 - ブラックでも金を借りるコツ

  関連記事

no image
融資を受けたいのなら勤続年数は上手に書くべし

勤続年数は確認されるの? 審査の際に最も大きなウェイトを占めるのが信用情報。 信 …

no image
サラ金業者は年収はどこまで見ているのか?

ブラックでも借りるられる?年収はどこまでよく見せることができるのか? お金を借り …